MENU

個人信用情報に記録される情報とは

個人信用情報機関とは、個人の借入状況や返済履歴、ブラック情報といったものが細かく記録され、カードローン審査において非常に重要視される情報の1つです。この記録は、今までの全ての利用履歴が永久に残るのではなく、記録してから一定の年数が経つとなくなるようになっています。この個人信用情報機関にはどのような情報がどの程度記録されるのか、詳しく見て行きましょう。

 

申し込みから既に記録される

個人信用情報の記録は、金融会社に申し込みを行った時点で始まります。個人情報、申込先や申込日、商品の種類などが記録されます。契約ができずに何度も申し込みを行うと、これらの情報が全て記録されます。

 

短期間で複数社に申し込むと、申し込みブラックという状態になります。これは申し込みの記録があまりに多く、契約までこぎつけていないというのがわかるため、「何か問題を抱えている」、「融資してはいけない人」と評価されやすくなり、高確率で審査に落ちる原因となります。ただし、契約したことが載せられないだけで、審査に落ちた理由などは記載されません。申し込みブラックは3カ月〜6カ月ほどしか記録に残らないので、すぐにお金が必要でない場合は、なぜ審査に落ちたのかを考え・改善しながら気長に待ちましょう。

 

契約状態と利用履歴

契約ができた場合は、上記の情報に加え契約情報が、そして返済を開始した時点で返済情報が随時記録されます。契約日、商品内容、利用限度額、返済日、返済回数、残高、完済日などの情報が、解約してから最長で5年間記録されます。
(完済は解約ではありません。完済しても解約していなければ利用中という扱いになり記録も残ります。)

 

利用中は当然借入件数として扱われますが、解約している場合は記録が残っていても借入件数として含まれることはありません。また、他社で借り入れるときに借入状況をごまかそうとしても、個人信用情報機関に全て記録されているので、絶対にしないでください。

 

ブラック情報

返済の延滞が何度も起こる、強制的に契約を打ち切られた、債務整理による返済、自己破産、過払い金返還請求など、これらを行なうとブラック状態となります。何を行なったかで登録年数が変わってきますが、大体5年〜7年、または10年になる場合もあります。

 

ここで1つ気をつけなくてはならないのが過払い金返還請求です。よくCMなどで過払い金返還請求の相談を促していますが、実はこれを行なうタイミング次第では、ブラックとして記録されたりされなかったりします。

 

ブラックになるタイミング

・利用中に過払い金返還請求を行い、そのお金を返済にまわしても完済できなかった場合。

 

ブラックにならないタイミング

・完済・解約後に過払い金返還請求をした場合。
・利用中であっても、過払い金で全額返済できた場合。
過払い金返還請求だけは、使い方次第ではブラック情報として記録されないので、行なうタイミングはよく吟味しましょう。