MENU

どんな場合でもヤミ金は利用しない

ヤミ金の問題は、現在でも多くはびこっています。一昔前のように、直接的で暴力的な取立ては、法律で禁じられたためあまり見なくなりました。それでも多くのヤミ金が存在し、手を変え品を変え、お金が必要で切羽詰っている人を餌食としています。ヤミ金の情報は多く出回っており、その危険性は知られているはずなのですが、なぜかヤミ金を利用してしまう方が少なくありません。

 

ヤミ金を利用するのは考えのなさが原因

ヤミ金は、「無利息」、「無審査」、「ブラックOK」などといった宣伝文句で債務者を誘ってきます。利用する方の大半は、非常に切羽詰っている状態で正常な思考ができなくなっている場合がほとんどで、こういった宣伝文句は特に魅力的に映ります。

 

また、考え方が非常に刹那的になっており、「とにかくすぐに借りられればなんでもいい」という後のことを全く考えない状態に陥っています。そのような状態なので、冷静な状態なら「何かおかしいから、やっぱり辞めよう」とすぐに感じられる場面でも、違和感を感じはしてもそれを無視する、あるいはおかしいとすら感じなくなります。これがヤミ金を利用してしまう、大きな原因なのです。

 

ヤミ金を利用するとどうなる?

ヤミ金の特徴は、正規の金融会社よりもはるかに高い金利です。法律では最高金利は、10万円以下で20%、10万円以上100万円以下で18%、100万円以上で15%と定められています。ヤミ金は、法律で定められている以上の金利を設定し債務者に高利息で返済を求めてきます。ヤミ金を利用したが最後、非常に苦しい思いをすることになるのです。

 

全てを巻き込んで追い詰めてくる取り立て

返済を延滞すると容赦のない取立てを行なってくるイメージがいまだ根強いでしょう。以前であれば家などに押しかけて恫喝したり、早朝だろうが深夜だろうがお構いなしに電話を鳴らしたり、ときには暴力を振るったりするなど、恐ろしい方法で取り立ててきました。しかし、法改正後は、あまりそういう取り立ては行なわないようです。とはいえ、電話連絡自体は違法ではないため、時間帯は法に沿っていても、やり方は以前とあまり変わらないようです。また、被害は債務者本人だけに留まらず、家族、友人、勤務先など、巻き込めるものは何でも巻き込んで返済を迫ってきます。

 

ヤミ金と関わってしまったら

申し込む前であれば、それ以上関わらないで連絡を絶つのが最善の方法です。もし契約してしまっても、法的な返済義務は元金を含め一切ありません。ヤミ金から借りているのであれば、自力で解決しようとするのではなく、弁護士や司法書士といったプロに相談してください。できれば、借金トラブルに強いところに行くと良いでしょう。また、今後被害者をださないように警察にも通報しましょう。